こじれるコンプレックス

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こじれるコンプレックス

ラジオを中心に好きなことを自由に書いているブログ

【演劇・舞台】償うことの意味を考えさせられる/teamキーチェーン「償い」

先日、teamキーチェーンさんの舞台「償い」を観に行ってきた。 すごく重い問い掛けをされたような気持ちになる舞台で、深く考えさせられた。 目次 あらすじ ポイント 無神経なキャラクターに反感を覚えつつ、過去の自分とダブる 本当に償うこととは何か、深…

【演劇感想】演劇集団アトリエッジ『流れる雲よ』

8月13日、演劇集団アトリエッジの舞台『流れる雲よ』を観に、六行会ホール(品川区)まで行ってきた。 『流れる雲よ』は度々再演されている、演劇集団アトリエッジの代表作とも言える舞台。 ラジオドラマにもなったり、舞台がTOKYO MXで放送されたりした実績…

【演劇感想】『永遠の空~知覧特攻早春賦~』/平和のために必要なこととは

7月2日に、演劇『永遠(くおん)の空~知覧特攻早春賦』を観に、新宿村LIVEへ行ってきた。 土曜日、新宿村LIVEまで舞台『永遠の空』を観に行きました。出撃直前、女学生と交流を持ったことを機に揺れ動く特攻隊員たちの心情が、本当に胸打ちました。今ある平…

【演劇感想】激団リジョロ第二十六回公演『OF THE DEAD』

2016年6月24日から27日まで上演されていた、激団リジョロ第二十六回公演『OF THE DEAD』。 私は6月26日の昼公演を観に、ザムザ阿佐谷まで行ってきた。 <あらすじ> ゾンビの出没が報じられてから、瞬く間に全国はゾンビだらけになってしまった。 実家にいた…

栗生みなに感情移入する。 『ふたりカオス』観てきた<4>

これまでの記事はこちら 劇場のレイアウトと登場人物の個性に圧巻。 『ふたりカオス』観てきた<1> 椎名亜音の登場する瞬間、言葉を発する瞬間に引き込まれる。 『ふたりカオス』観てきた<2> 漫才コンビみたいな風俗嬢たちの掛け合い。 『ふたりカオス…

漫才コンビみたいな風俗嬢たちの掛け合い。 『ふたりカオス』観てきた<3>

以前の記事はこちら 劇場のレイアウトと登場人物の個性に圧巻。 『ふたりカオス』観てきた<1> 椎名亜音の登場する瞬間、言葉を発する瞬間に引き込まれる。 『ふたりカオス』観てきた<2> 10月3日の夜に観に行ってきた舞台『ふたりカオス』。 劇中、2人…

椎名亜音の登場する瞬間、言葉を発する瞬間に引き込まれる。 『ふたりカオス』観てきた<2>

以前の記事はこちら 劇場のレイアウトと登場人物の個性に圧巻。 『ふたりカオス』観てきた<1> 実は今回、椎名亜音さんをきっかけにして 劇団6番シードの舞台へ足を運んだ。 前回見た舞台『時をかける206号室』に出演していた亜音さんは、 アパートの大家…

劇場のレイアウトと登場人物の個性に圧巻。 『ふたりカオス』観てきた<1>

池袋のシアターKASSAIにて公演されていた 劇団6番シードの『ふたりカオス』。 先日観に行ったのだが、 演者一人ひとりの個性の強さもさることながら、 舞台全体の演出も凝っていて、楽しかった。 劇場に入っていて驚いたのは、客席のレイアウト。 ステージ…