こじれるコンプレックス

こじれるコンプレックス

ラジオを中心に好きなことを自由に書いているブログ

夢に向き合う勇気から逃げていないか。 『半径5メートルの野望』読んでみた<2>

前回はこちらから

誇りは努力と葛藤から。『半径5メートルの野望』読んでみた<1>

 

はあちゅうさんの『半径5メートルの野望』を

読み終えて受け取ったメッセージは、

「自分の欲望を大事にして、それを叶えていくためには

正しく努力していこう」ということ。

 

暇つぶしをしているような時間より、

自分の将来につながることをしている時間を過ごす方が

ずっと楽しいというはあちゅうさん。

 

ついつい眠気に耐えられなくなったり、

見ないでいいサイトで時間を浪費したりのわたしは、

この時点で反省しまくり。

 

その上で、以下の言葉がずさりと刺さる。

 

 努力をしない人は、自分の夢に向き合う勇気がないだけです。そういう人は、自由だったら怖くて何もやらないし、制限があったらそれを言い訳にして、結局何もやらないのです。 

 

本当はやりたいことがいっぱいあるはず。

さとったような顔してごまかしていないか。

今の仕事の忙しさを言い訳に先延ばししていないか。

先延ばしはいつまで続ける気か。

 

この間にもわたしの知っている誰かが

努力を重ねているし、経験を積んでいる。

 

いい年になった時に悔し涙を流すか、

幸せな気持ちに包まれるかは、

一日一日の過ごし方にかかっている。

 

半径5メートルの野望
by カエレバ