こじれるコンプレックス

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こじれるコンプレックス

ラジオを中心に好きなことを自由に書いているブログ

強い顔文字にひきずられるな。

あなたはメールとかラインとかで、顔文字を使うだろうか。
 
私はあまり使わない。
使ってせいぜい、「(」「^」「;」みたいにキーボードのどこを打てばいいか分かる程度の文字で成り立つ顔文字だ。
 
ただ、文末は「。」ではなくて顔文字がデフォルト、という勢いで顔文字を多用する人がいるのも事実。
特に、何と打てば出てくるか分からない文字をふんだんに活用したテンション高めの顔文字を使う人もいる。
 
ヾ(o≧∀≦o)ノ゛ とか ψ(`∇´)ψ とか
ヾ(。ё◇ё。)ノ みたいな顔文字を多用するメールを読んだ後って、
少し疲れてしまう。
 
よく分からない文字も組み合わせ方次第で、
こんなにも騒がしさを視覚に訴えてくるんだと、
ある意味勉強になる。
 
「○○くん、おつかれさま☆
元気してる?
今度一緒にご飯食べに行こうー」
 
「○○くん、おつかれさま☆ヾ(o≧∀≦o)ノ゛
元気してる?ヾ(。ё◇ё。)ノ
今度一緒にご飯食べに行こうーψ(`∇´)ψ」
 
言ってることは同じなのに、読み手に
与える印象は変わってくる。
 
顔文字がある方が、相手のテンションの高さとか
軽薄な感じが伝わってくる。
 
また、顔文字があると、ない時に比べて文章が頭に入ってこない。
使っている顔文字の存在感が強いから、文章に対する意識が薄くなる。
 
活字に感情を込めることって難しいから、確かに顔文字はそれを補う上では便利である。
ただ、顔文字にひきずられて、肝心の意図が伝わらなくなれば、本末転倒になってしまう。
 
私は、顔文字を使わなくても意図や感情が伝わる文章を書けるようになりたい。