こじれるコンプレックス

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こじれるコンプレックス

ラジオを中心に好きなことを自由に書いているブログ

自信は唱えてつけるものじゃない。

自信のなさを口にしたところで

どうにもならないと分かっている。

 

自信がないと弱音を吐くこともあれば、

自分は大したことないからと予防線を張ることもある。

 

ただ、いつまでもそんなことは言っていられない。

第一、自信がないように見える人のもとに、人は集まらない。

 

よく「根拠のない自信を持て」という言葉を聞く。

その考え方自体は一理あると思う。

ただ、わたしは好きじゃない。

 

自信を持っていることに満足しても、

何もしなければただの勘違いになってしまう。

 

わたしは危機感を持たないと動けないところがある。

それに、実感できないと自信なんてつかない。

 

自分はできる!とお念仏のように唱えるより、

まず何か動き出してみることが先だと思っている。

 

行きたい場所に行く。

話そうと思った人に話しかける。

ささいなことからでもいいから、

やってみようと思ったことを実際にやってみる。

自信って、そうやって身に付けていくもの。