こじれるコンプレックス

こじれるコンプレックス

ラジオを中心に好きなことを自由に書いているブログ

やりたいことは忘れる前に記録と締切設定を。

仕事とは関係ないことで

やるべきこと、やりたいこと。

そして、それをやることで面倒なことが片付いたり、

将来のためになると思えること。

それ自体は結構頭に浮かんでくる。

 

例・・・

やるべきこと

  • 靴を磨く(磨かないと見栄えが悪くなる)
  • 掃除をする(しないと汚いし、衛生的にも悪い)
  • 資格の勉強をする(今いる会社の方針上、とった方が良い)

やりたいこと

  • 新聞、本を読む(活字を読むことが好き)
  • 将来のプランを計画して、整理する(人生観を考えるきっかけにもなるし、考えていること自体が楽しい)
  • 観たもの、読んだものの感想を文章に残す(言葉で説明できるようになりたいし、内容を定着させる意義もある)

 

基本的には「やる意味がある」と思えることで、

違いはやっていて楽しいか、という違いと定義している。

やるべきことは義務感が混ざっていて、

やりたいことは自発的にしようと思うこと。

 

 ただ、思いついてから実行に移すまで、

時間がかかればかかるほど、やる気って落ちていく。

しまいには、やろうと思っていたことすら

いったん忘れてしまう。

 

そしてふと思い出した時に、「やばい!」と

慌てふためくことになる。

もしくは、「ま、いっか…」と諦め気味になり、

結局また惰性で動いてしまう。

 

そんなことを繰り返していると、

いつまでも達成感とか、やり遂げた気分を味わえない。

 

そして、惰性で動いている自分を振り返ると、

余計そんな自分が嫌いになって、

ますます何もできなくなって…と

悪循環に陥るきっかけが出来てしまう。

 

だから、やると決めたら、何も考えずに

すぐやってしまう。

それが難しい時は、いつまでにやる、ということも

合わせてメモに残しておく。

 

上に挙げた例をもとに少し直して書いてみると、

 

やるべきこと

  • 靴を磨く 日曜日までに
  • 掃除をする 月曜日までに

やりたいこと

  • 将来の計画を立てて、A4用紙1枚にまとめる 月曜までに
  • 舞台『✕✕✕』の感想をブログの記事にまとめる 水曜までに

 

という感じだろうか。

書いたメモはまめに見返せるようにしておかないと、

すぐ忘れてしまうので意味がない。

必然的に目に入るような仕組みも考えられるようにしたい。