こじれるコンプレックス

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こじれるコンプレックス

ラジオを中心に好きなことを自由に書いているブログ

常識外の人にイライラする前に

電車、ファストフード店、本屋など。

街に出ると、わたしの中にある「常識」では

処理し切れない行動をとる人を見かけることがある。

 

新聞を見ながら、10メートル離れたくらいでも聞こえる

大きさで音読したり。

「ぼく、友達募集中なんです」と言いながら

臆面もなく話しかけてきたり。

 

少なくとも、わたし自身はやろうと思わない、

というか、やろうという発想がない行動を見かける度、

驚きを覚える。そして、「理解できない」って思ってしまう。

 

理解できない、と思った行動を「気色悪い!」って片付けて

反発を覚えることはとても簡単である。

条件反射的に否定すればいいだけだから。

そして、「自分はまともでこの人は変」という対比をして、

しょせん自己満足の優越感を味わって終わりだ。

 

わたしは結構そうやって人にラベル貼りをしていた。

ただ、それだと芸がないと思い始めた。

何より、相手の立場になって想像することができていない。

だから、わたしは「理解できない」って思った時には、

色々と相手のことについて、推測してみるようになった。

 

  • どうしてこの行動をとっているんだろう
  • どういう信条を持っている人なんだろう
  • この人の交友関係って、どんな感じだろう

 

そんな風に考えていると、

あまり「迷惑な人だ」などとイライラすることがなくなった。

きっと、冷静に考えている内に、

イライラしている暇がなくなるのだと思う。

 

むしろ、想像している瞬間が面白くなってきた。

「あの人は変な人だ」という先入観をいったん捨てて

その行動の背景を考えることで、

わたしなりにその人のキャラクターを作っていく過程が、

意外と楽しかったりする。

 

想像といっても、浅い知識しかないと限界が出てくる。

だから、それを充実させるためにはもっと色んなことを

知っておきたい。

 

何なら、この想像の時間もどこかで役立てたい。

一見役立たないことに見えても、考え方次第で

有効になることもあると思うから。