こじれるコンプレックス

こじれるコンプレックス

ラジオを中心に好きなことを自由に書いているブログ

書くテーマが浮かばないのは、思考停止と形にする力。 わたしが更新できない理由。<2>

以前の記事はこちら

わたしが更新できない理由。<1>

 

前の記事で、私のブログ更新が滞りがちな理由を

ざっと6つあげてみた。

  1. テーマが浮かばない
  2. 記事の構成がまとまらない
  3. 時間がかかりそうで面倒
  4. 疲労感に負ける
  5. 時間がまだある気になる
  6. そもそも意義が明確でない

今回は、「1.テーマが浮かばない」について考える。

 

ネタが切れる、とはよく聞くものだけど。

普段から、情報のインプット自体は自然としている。

わたしの場合だと、本、新聞、ニュース、ラジオ。

普段の仕事での経験でも含めれば、ネタにできることはいっぱいある。

むしろ問題なのは、

  • 目にした、耳にした情報がそのまま通り過ぎていること
  • ネタにしようとしても、形になるまでに至らないこと

の2つではないか。

 

  • 目にした、耳にした情報がそのまま通り過ぎていること

これは起こっている出来事が身近に感じられなくて、

関心が持てないか、色んなことを想像できないかではないかと。

極端に言えば、思考停止に陥っている。

 

マイナンバー、軽減税率のように自分の生活に直結する話から、

著名人のスキャンダルのような他人事の話まで。

切り口が陳腐か斬新かは別として、

想像してみようと思えば、いくらでも考えられる。

 

それを放棄しているのだから、思考停止。

そんな状態では、ブログの記事にまとめられる訳もないのだ。

思考停止の状態で特定の考えに迎合するのは簡単でも、

思考停止の状態で別の考えを提案して支持を得ることは難しい。

 

  • ネタにしようとしても、形になるまでに至らないこと

こればかりは、あれこれ考えて

論文みたいに構成をきっちり考えて数ヶ月かけて…という類のものではない。

だから、まずは形にすること自体を目標にして

成果物を出していく必要はある。

 

構成のしっかりした面白い記事を書く方法を知っていても、

使ってみないとただの雑学になってしまう。

そして、数を出さないと自分の文章の傾向も見えないし、

より面白い文章を書くための対策も打てない。