こじれるコンプレックス

こじれるコンプレックス

ラジオを中心に好きなことを自由に書いているブログ

伝えたいことを絞って、早く発信しなければ、旬は過ぎる。 わたしが更新できない理由。<3>

ざっとあげてみた、私のブログ更新が滞りがちな理由を

  1. テーマが浮かばない
  2. 記事の構成がまとまらない
  3. 時間がかかりそうで面倒
  4. 疲労感に負ける
  5. 時間がまだある気になる
  6. そもそも意義が明確でない

今回は、「2.記事の構成がまとまらない」について考える。

 

本を読んだり、何かを見たりして色々考えても、

いざ書こうとした時に、何と書けばいいか分からない。

色々思うんだけど、結局それをまとめることが面倒臭くなる…。

 

構成がまとまらないと考えて筆が止まる理由を

更に考えてみると、

  • 強く伝えたいことが絞れていない
  • 構成がまとまってないといけないものという思い込み

この2つが出てきた。

 

  • 強く伝えたいことが絞れない

色々考えることが出てきたが故に、

「あれも伝えたい、これも伝えたい」と

色々盛り込みたくなる気持ちはある。

でも、それは逆に言えば、

「強く伝えたいものが絞れていない」

ということだ。

 

突き抜けた一つの伝えたいことを見出せないのは、

結局自分が伝えたいことを一つに絞れていないから。

特定のポイントに焦点を当てて突き詰めれば

メッセージは溢れ出てくるはず。

 

それが出てこないからといって迷っていたら、

記事にする意欲も熱意も冷めてしまう。

そして結局そんな状態で書いたとしても、

総花的でありきたりな

文章になってしまうだろう。

 

  • 構成がまとまってないといけないものという思い込み

「とにかく形にする」ということと似てくるけれど、

そもそも文章として体をなしていないと出すべきでない、

という思い込みがないか。

 

わたしの場合、文章を書くことは得意という、学生時代の経験を根拠にした

半端な自意識があるせいかと。

と言いつつ、たいそうな文章論を語る自信はないし、

その経験も「地元紙の投書欄に載った」といった類のもので、

いかに生半可なものかが見えて痛い。

 

論理的に説得する場合、構成がものを言う。

ただ、「すごく感動したから伝えたい!」という

熱意を伝えることが目的なら、

すぐに一通り記事まとめてしまった方がいいのは明らか。

構成はああでもないこうでもないと考えていれば、

その熱意も削がれて、結局その文章が陽の目を見ることはない。

 

感情が熱い時こそが、記事にする旬な時期なのだ。

そのことは肝に銘じておきたい。