こじれるコンプレックス

こじれるコンプレックス

ラジオを中心に好きなことを自由に書いているブログ

【書評】森博嗣著『作家の収支』

 森博嗣さんと言えば、
『すべてがFになる』など、映像化された作品も多い作家として知られる。
と言いつつも、わたしはこの本をとるまで、この方を存じあげなかった。 
作家の収支 (幻冬舎新書)

作家の収支 (幻冬舎新書)

 
なぜこの本を手にとったのかと言うと、
小説家のお金の流れってどんな感じなのだろう、という興味から。
有名作家だと高級住宅街にお家がある程稼いでいて、とかいう一方で、
全然最近は生活していくほども稼げない、という話もちらほら。
実態はどうなのかしら、なんて気になった訳で。
 
この本の内容としては、
ずばり、森さんが作家生活をして
どれだけの収入があったか、そして支出はどんなものなのか
ということを本人いわく「客観的事実」として、淡々と述べている。
そして、これからの小説家という職業や出版のあり方についても
意見や展望を語っている。
 
確かに文体を見ている限り自慢欲とは無縁な表現で、
あくまで事実に基づく、という風の記述。
考え方が随分ドライな方だなーと思ったのでした。
 
収入の話として、
実際に著作に対して印税をもらう場合に加えて、
・対談を引き受けて、それが本になる場合
・入試問題に使われた場合
・翻訳された場合
・解説や推薦文を引き受けた場合
・漫画化された場合
など、色んなケースを引き合いに出して、
具体的な金額や背景を詳しく説明している。
 
あくまでも一人の成功している人の例ではあるけれど、
小説家志望を胸に秘めてる人が
具体的にイメージする材料としては十分なくらい。
 
この金額が出てくる収入の過程にも
興味を持ちながら読んだのだけど、
わたしはそれ以外の点にも魅力がある本だと思った。
 
それは、森博嗣さんの小説を書くスタンスから
仕事への取り組み方を学べるところがあると感じたからだ。
特に、第4章「これからの出版」というところから、
ほおと思わされるところが多かったのだ。
 
いわゆるスランプについて、森さんは
スランプに陥ったことがないらしい。
それは小説を書くことが「仕事」だからとのこと。
もっとも、小説家という仕事はさほど好きでもないとも語っている。
 
そして、スランプに陥る原理として、
「好きだから」「自慢できる」など、
感情的な動機だけに支えられていると、
感情によって書けなくなることがある、と指摘している。
 
また、自分が書いた文章を無料で配布することには
抵抗と感じるとも述べている。
それは、創作者は、手にとってもらいたい、読んでもらいたい、ではなく、
手に取りたい、読みたいという人に応える仕事だから
と、ここでも「仕事」が出てくる。
 
○○になりたい、という動機って確かに
好きだからとか、憧れだからとか、
自分の感情をメインにしていることが多い。
もちろん、自己表現をする上ではその感情も大切だとは思う。
 
ただ、あくまでも「仕事」は相手のニーズがあって、
それに応えることで成り立つこと。
自分がしたいから、だけでは十分でない。
わたしは読んでいて、身につまされました。
 
これ以外にも名言だな、と思える箇所はいっぱいあって、
稼ぎの内訳目当てで読んだはずが
まさかなところで収穫があったなと思える本。
 
そして、こんな考えの人が作る小説ってどんな感じだろうと、
今更ながら『すべてがFになる』とか『スカイ・クロラ』に
手を伸ばしてみようかと思ってる次第。
 
小説家志望の人にかぎらず、一読の価値あり。
作家の収支 (幻冬舎新書)

作家の収支 (幻冬舎新書)