こじれるコンプレックス

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こじれるコンプレックス

ラジオを中心に好きなことを自由に書いているブログ

結局、自分のためでいいじゃない。ブログを書くことなんて。

今週のお題「私がブログを書く理由」

 

f:id:yukcmp:20160425233529p:plain

 
しばらく更新していなかった自分が
この話題をするのも変だけど、お題に乗っかってみる。
 
ブログを書く理由を一言で言うと、
結局、自分のため。
 
考えたこと、やった経験、興味をもって調べたこと。
それを一つひとつ、記事にまとめてブログを更新する。 
 
そんな作業を積み重ねることで、
私もそれなりに生きていて、意味のある日々を過ごしているって、
振り返ってみたときに思える気がする。
 
思考とか経験自体は形あるものではないけど、
ブログの記事にすれば、目に見える形になる。 
私はそれがブログを書くことの強みだと思っている。
 
私はスポーツ選手とか、気鋭の社会学者とか、
仕事のできる同期みたいに輝いている人たちを見ると、
「今まで何もしてこなかった」と落ち込むことがある。
正直、やっかむこともある。
 
でも、私だって今まで本当に何もしていなかった訳ではない。
レベルは確かに違うかもしれないけど、
ジムに通って身体を鍛えているし、
ニュースに触れて色々考えることもある。
そして、仕事で得た技術や知識も持っている。
 
ブログを書くことは、自分は色々経験してるし考えてるぞって
思い出すための作業かもしれない。
やっぱり、自分のためなのである。 
 
自分のためといっても、 
収益を得ることは第一の目的にしないことにした。
手っ取り早くお金を稼ぐんだったら、ちゃんと仕事して、
無駄なものを買わないようにすることが一番いい訳で。
 
ブログの収入で生活する人に憧れて、
私もがんばって今の生活を抜け出してみよう、とか思ったこともある。
 
でも、そんな気持ちは続かなかった。
結果が出る前に息切れしたからって言うのも、一理あるかもしれない。
でも、それ以前に何となくもやもやとしたものがあった。
 
偽善者みたいな言い方だけど、
注目を集めるために何かを悪く言う姿勢が、私には馴染まなかった。
もちろん、そんな姿勢ではない人気のブロガーも多いことは承知の上で。
 
皮肉めいた物言いとか、煽るような書き方をした方が、
たぶんアクセス数は増やせる。
ネガティブなエネルギーで書かれた文章って、読んでいる瞬間は本当に面白い。
真実を追及してる感じがしちゃうし、カタルシスを味わえる気がするから。
 
でも、その後には時間を無駄にしちゃったとか、
思わずため息をつきたくなる気持ちになる。
名前の知らない誰かがそれっぽく書いた噂話を読んでも、
私がすごい人に変わる訳ではない。
むしろ、何にも変わらない事実に落ち込む。
やがて、見出しに釣られた悔しさがじわじわ心を蝕んでいく。
 
読んでるだけでそんな気持ちになるんだから、
書くことになれば、なおさら悲しくなる。
仕事だったら心を無にして書けるんだろうし、楽しみも見出せるんだろう。
だけど、金にもならないのに嫌なことをわざわざしたくない。
それに、そんな悪意に満ちたブログを書いていたら、
いざ誰かにばれた時、どんな顔をしていいか分からない。
 
かくいう私も、ついついゴシップ記事とか
イライラするようなブログの記事を読んでしまうから、矛盾してる。
でも、貴重な休みの数時間をくだらない記事に
費やした悲しさは、気づかない内に蓄積されていく。
それが、不満とか誰かに対する嫉妬につながるんだろうな。 
 
そんな負のエネルギーをうまく昇華するためには、
普段の生活を充実させて、その充実を見えるようにすること。
そのための手段として、ブログを書くことがあるのかな、と思う。 
 
話が脱線したけど、まあいいや。
ブログを書くことは、私の場合、自己満足、という結論で。