こじれるコンプレックス

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こじれるコンプレックス

ラジオを中心に好きなことを自由に書いているブログ

SNSに芸能人と撮った写真をあげる一般人の思惑

正直、私は芸能人と撮った写真を、TwitterなりFacebookに載せる一般人の意図が分からなかった。
 
そんな人に限って、過去の投稿とかプロフィールを見ていると、ますます不思議な気持ちになる。
ただの追っかけなのか、有名人になりたい願望を持って頑張っている人なのかよく分からないスタンスなのだ。
「○○(歌手)が大好きです」「△△(舞台役者・アイドル)推し」などというのはまだしも、「歌手志望」「役者の卵」とか書いてあったりする。
それゆえ、一般人だけど顔出しも抵抗がない。
 
「一緒に仕事をした訳じゃないのに、あなたのことをステータスが上がったなんて思わないよ……」
「あなたに親しげに話してくれるのは、サービスの一環として必要なことだからでしょ……」
「華を演出している芸能人の横であなたの垢ぬけなさが際立ってるよ……」
なんて、写真を見る度に関係ない人に対してわざわざ心の中で毒づいていた。
 

バカにしてたけど……

しかし、私も過去に1度、観に行った舞台に出ていた役者さんと撮った写真をFacebookにあげていたこと気づき、バカにしたことを恥じた。
 
その時は、素直に「こんないい演技をする格好良い舞台役者さんがいる。頑張ってほしいなって思ってる。もっと売れてほしいから、知ってもらえるといいな」という気持ちだった。
もっとも、役者さんも「Twitterとかにあげて拡散して!」なんて言っていたので、私も「了解でーす」なんて応じていたものだ。
 

結局嫉妬してるだけ?

もしかしたら、私は写真を撮りたい気持ちがありながら、「写真撮っていいですか」という勇気がないだけかもしれない。
(前は私から、というより役者さんの方が積極的だったのだ)
だから、写真をあげている人に対して少しムッとしているのだろうか。
 
もし私が今後舞台に行って、役者さんに「写真いいですか」と聞いて写真を撮り、Twitterの掲載許可をもらった日には、たぶんTwitterにあげるだろう。
私の顔は絶対晒さないけど……。
 

意外とみんな慎ましい

ただ、私が見た限りだけど、舞台が終わった後に役者さんと写真を撮っている一般人を見かけないんだよな……。
同じ役者仲間が観に来ていて、Twitterにあげることを目的に写真を撮っていることはよくあるけど。
 
一般人の場合は話したことで満足するのか、何となく言いづらいのか。
はたまた、「そこまで求めるのは失礼」という慎ましさを持っている人が多いのか。
それとも、明確に役者さん側がNGを出しているのか。
(人によっては「チェキ会」として有料化しちゃってる場合もある。かわいい女優さんだとおじさまたちが結構並ぶんだ)
 
とりあえず、今度お目当ての役者さんに「写真いいですか」と聞いてみよう。
まずはその一歩から。