こじれるコンプレックス

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こじれるコンプレックス

ラジオを中心に好きなことを自由に書いているブログ

ブログの記事は、フォーマットに当てはめて書いてみる

雑談
ブログを書いている人は、もしかしたらこんな経験をしたことがあるかもしれない。
何を書こうか、どういう結論にしようか考えていたが、気付いたらずるずると時間が経ってしまったことが。
そして、結局、記事を投稿することなく下書きに保存する。その下書き記事は、日の目を見ることがない……。
 私も結構あった。
 
私は、1つの記事を書くことにできるだけ長い時間を割かない方がいいという考えを持っている。
長くても、1時間以内でまとめてしまった方がいい。
 
書き切れないと、時間が足りなくなって一旦下書きとして保存することになる。
大体の人は、ブログだけやって生活している訳ではない。
仕事や家事など、やらなきゃいけないことをこなすために、下書きになった記事の更新はどうしても後回しになってしまう。
下書きがなかなか更新できないうちに、この下書きで書いていた話題への興味が失せていく。
やがて、ブログへのモチベーションも下がってしまう。
かと言ってすっぱり辞めて、ブログごと消去してしまうほどでもない……。
 
この間、ブログは外から見たらただの更新の滞ったブログである。
新しい記事をあげないので、新しい読者の反応も得られない。
結局、ブログにさびれた感が漂ってしまい、アクセス数も伸び悩み、という感じ。
 
最新記事の投稿日付がだいぶ前のブログって、よっぽど記事が面白くない限り、妙な物悲しさが出てしまうんだよな……。
地方のシャッター街みたいな感じ。涙を禁じ得ないのだ。
 
ただ、私も人のことは言えなくて、3ヶ月ほったらしてたことがあった。
1月下旬時点で名前のなかったマクドナルドのハンバーガーは、更新のなかった間に名前が決まり、発売も終了して、完全に旬を過ぎてしまった。
(これ以外にも、強烈なキャラクターのモデルとか、経歴詐称がバレた自称コンサルタントとか、五体不満足な不倫とか、色んな話題が通り過ぎていった。昔のことのようだけど、今年のことだ)
さすがにまた寂れた感を演出する訳にはいかない。
だからこそ、私はブログの記事を継続的に書けるように、一応の対策を立ててある。
 
その1つとして、以下のフォーマットに当てはめてみて、記事を作成していくことをやっている。
  • 問題提起
  • 結論
  • 根拠
  • 反論(なくても可)
  • 反証(なくても可)
  • 結論
この順番で文章を書いていけば、自然と記事としての構成は出来上がる。
 
はじめは簡単なフレーズや単語からでも構わない。
とにかく「何を話題にしたくて、何が言いたいのか」を考えることを大切にしている。
フォーマットにしてしまえば、何も形がないよりは考えることが容易になる。
 
もっともらしく言ったが、いつも厳格にやっている訳ではない。
だから、私のブログを読んでいる方は「そうなってないじゃん」なんて突っ込みたくなるかもしれない。
 
他にもブログの記事を書くための私なりの対策はあるけれど、それはまたおいおい述べてみることにする。