こじれるコンプレックス

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こじれるコンプレックス

ラジオを中心に好きなことを自由に書いているブログ

【Kindle Unlimited】電子書籍が月980円で読み放題。楽しめるコンテンツは結構豊富

Kindle Amazon
Amazonが電子書籍の読み放題サービスである「Kindle Unlimited」を2016年8月3日に始めた。
私もサービス開始初日に登録し、試しているところである。
この記事ではKindle Unlimitedで一体どんな本が読めるのかを取り上げる。

Kindle Unlimitedは月額980円。30日の無料体験も。

f:id:yukcmp:20160807192122p:plain

Kindle Unlimitedは、登録後30日間無料体験ができる。
ただ、無料体験中にキャンセルしないと自動で契約が更新されるので注意。
それでもサービス料は月額980円なので、月1冊読むなら元は取れる。
 

和書14万冊、洋書128万冊が読み放題

和書140,557冊、洋書1,287,109冊が、Kindle Unlimitedで読み放題の対象になっている(8月7日19時時点)。
f:id:yukcmp:20160807192545p:plain
対象の本は商品ページに「読み放題対象」と記載されているが、同じページには「1-clickで今すぐ買う」ボタンもあるので注意。
 

1度に読めるのは10冊まで

f:id:yukcmp:20160807192500p:plain

Kindle Unlimitedでは、1度に10冊まで登録できる。
10冊をすでに選んでいる状態で11冊目を選ぶと、上の画像のように1冊利用を止めるよう促される。
実質自分のものにはならないので、「1度に借りるのは10冊まで」という図書館に近い。
ただ、一気に10冊ストックして読んでいくのは、よっぽど本好きじゃないとなさそう。
積読になるのが見えてるし。
 

読み放題の対象にはあのベストセラーも

読み放題対象のラインナップを見ると、メディアにも数多く取り上げられたベストセラーも多く含まれている。
ただ、全体的には新しいものは少なく、やや古めの印象。 
「読もうとは思っていたけど、気がついたらブームが落ち着いてしまって……」という人が、気軽に試す分として読むのもあり。
 
たとえば以下の本が対象。
人生がときめく片づけの魔法

人生がときめく片づけの魔法

 

 

夢をかなえるゾウ

夢をかなえるゾウ

 

 

世界から猫が消えたなら

世界から猫が消えたなら

 

 

雑誌は新刊を中心に充実

f:id:yukcmp:20160807200204p:plain

一方、雑誌は新刊を中心に読み放題の対象になっている。
ザッと見ただけでも、Tarzan、山と渓谷、ニューズウィーク、クロワッサンなどジャンルは多彩。
他社が先行している雑誌読み放題サービス(dマガジンなど)と比べてもひけをとらないと思う。
 

意外と充実しているあのジャンル

決してメジャーなジャンルじゃないけど、結構数が多いなと思ったジャンルが3つあった。
 
1.ボーイズラブ
約4,000冊ほどあり、コミックスはその内3,000冊を占める。
いわゆる「腐女子」と呼ばれる人たちにはありがたい数かも。
 
2.タレント写真集
約4,000冊ほどあり、グラビアアイドルの写真集は特に多い。
有名どころで言うと、篠崎愛さんや橋本マナミさん、壇蜜さんなど。
写真集に対して、「鑑賞用、保存用、パリパリ用(?)の3冊買います!」という程の熱はない、ライトなファンにはいいかもしれない。
 
3.アダルト
約18,000冊あるこのジャンルは、二次元のものから直接的なものまで幅広い。
中にはゲイを対象にした雑誌も対象に含まれている。
ただ、根源的な欲に訴えかけるジャンルゆえか、タイトル騙しみたいなものもある様子。
 

結局試してみる価値はあるのか

雑誌の読み放題サービスはすでに他社が実施しているものの、「Amazonが始めた」というインパクトは大きい。
スマホやPCのアプリでも読めるし、月980円で乱読ができるとかなりお得。
これをきっかけに電子書籍を始めてみるのもいいと思う。
今でも十分多いラインナップが、今後更に充実していくのかは気になるところ。