こじれるコンプレックス

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こじれるコンプレックス

ラジオを中心に好きなことを自由に書いているブログ

ゲームをしなくなれば、何もしない時間が増えるだけ

雑談
スマートフォンでゲームを、ついしてしまう。
 
隙間の時間ができると、ついスマートフォンの画面にあるゲームアプリをタップする。
そして、気がついたら1時間、2時間とやってしまうことがある。
 
パズルゲームは、単純な分ついつい繰り返してしまう。
1回1、2分で終わるから、本当ならそこで終わればいい。
しかし、もっといい点がとりたくて、もっとコインを稼ぎたくて、つい繰り返し。
  
ミッションがクリアできない時は、ゲーム攻略サイトにあるコツを参考に奮闘。
ようやくクリアできて、かなり爽快。
アイテムも貰えて、尚更やってよかった気分になる。
 

コインをたくさん稼いだところで、現実は変わらない

しかし、いくらコインを稼いでも、アイテムを貰っても、現実には影響がない。
ちょっとした影響と言ったら、やり過ぎて少し頭が痛くなるくらい。
 
コインをたくさん稼げば、実生活でもお金持ちになれるとは限らない。
むしろ、コインを稼ぐために課金する訳で、お金持ちからは遠ざかりそう。
 
ゲーム攻略サイトを運営してアフィリエイトをつけてみるとか、YouTuberになってみるとかすれば、お金は入るかもしれない。
しかし、そのために必要な時間や情報量、情熱はそれほどない。
 
緊急性もなければ、重要でもない「憂さ晴らし」でしかない訳である。
 
結局、中途半端にゲームをやっているくらいでは、たいして人生に変化はない。
 

何をするかを選んでるのは自分

ゲームをしている瞬間はもちろん楽しい。
しかし、ゲームをしている時間があるのなら、勉強とか読書とか、もっと別のことをする時間も本当はあるはず。
 
むしろ、勉強とか読書を先にやらなければいけないのではないか。
でも、あくまでも「ゲームをする」とやることを選択しているのは自分。
無意識に選んでいるのが怖いところだけど。
 

排除しても、生産的な時間を過ごせるとは限らない

「ゲームを一切排除してしまえば、別のことに時間をあてるだろう」
この仮定を立てると、勢いに任せて、ゲームアプリをアンインストールしてみる。
 
しかし、ゲームの時間は減っても、読書とか勉強の時間は増えない。
むしろ、余計に何もしない無駄な時間が増えてしまった気がする。
 

時間管理が下手という原因を解決しない限り、意味が無い

自由な時間がどれくらいあるのかを把握して、自分のやりたいことを明確にして、実行に移していかない限り、ただただ時間が過ぎていく。
そして、日曜日の夕方になって慌ててしまうような気分になってしまう。
そろそろ、この繰り返しを何週間も、何ヶ月も続けるのは微妙だ……。