こじれるコンプレックス

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こじれるコンプレックス

ラジオを中心に好きなことを自由に書いているブログ

SNSでじわじわ人気を得ている人の特徴

TwitterなどのSNSを見ていれば、人気を集めている人を見かける。
テレビに出るほどの有名人ではないのだけど、ずいぶんSNSのコメント欄は賑やか。
今回は、私なりに、この人気者たちに共通する点を3つあげてみた。
 

1.継続的に発信している

当然ながら、人気を得るためには知ってもらうことが大事である。
発信し続けないと、誰にも存在を気づいてもらえない。
実際、人気者はTwitterやブログなどを数ヶ月、数年単位で発信している。
そしてフォロワーをじわじわ集めて、盤石なものにしているように見える。
 
もちろん、スタートダッシュがうまいに越したことはない。
しかし、根気強く継続することはそれよりも難しい。
一億総発信時代の昨今、一日、二日で安定した人気を得られるほど甘くはないのだ。
 

2.交流を大切にしている

人気者は、コメントに対して真摯に返信したり、いいねやリツイートをまめに行っている。
積極的に他人に向けてアクションを起こすことで、緩やかな「つながり」を構築し大切にしているように思える。
その「つながり」から、また自分にとって別の展開が広がっていく可能性もあることを知っているのかもしれない。
 

3.キャラクターが分かりやすい、魅力がある

人気者はキャラクターが分かりやすい。
「あの人と言えば○○だよね」と簡潔に表現できる感じ。
逆に言えば、このように言われることが人気者になりたい人にとって、一種の目標になるのかもしれない。
 
私がTwitterでフォローしている人を例に挙げてみる。
それぞれ独特なキャラクターがあって、かつ共感を持てるので、人が集まる。
 
また、専門性、という点でも人気を集めるポイントにはなるかと思う。
きんどうさんはまさにそんな感じ。
この他にも、アイスに詳しい人とか、グミに詳しい人も、専門性で人気を得ている人に当てはまる。
 

補足:人気を得やすい一番のキャラクター?

正直私は嫌いだけど、憎しみとか怒りみたいなネガティブな感情に火をつけるのがうまい人も、人気者と言えば人気者である。
また、フォロワーの熱度も高く、そのさまは「信者」と言って差し支えないほど。
政治的なスタンスの左右を問わず、ネットを見ればチャッカマンのような人はたくさんいる。
(右が目立ちやすいけど、左もまあ極端な人はいる……。政治の話に限らないけど)
 
しかし、負の感情を利用したキャラで行く場合、本当にそのイメージで売っていくことことが今後プラスになるのかは微妙である。
人気取りのために安易に手を出すやり方ではない。
 
手を出したら戻れなくなるから、ますます過激化してしまう。
過激化したその先に、手に入れた人気以上に素晴らしいものがあるのかは知らないし、知る必要もないと思う。
 
以上、SNSで人気を集めている人の特徴について考えてみた。
結局、人気が出るコツって、地道な活動と目のつけどころなのかもしれない。