こじれるコンプレックス

こじれるコンプレックス

ラジオを中心に好きなことを自由に書いているブログ

まとめサイトの見えない意図に釣られないように

私がインターネットを利用する上で意識していることに、まとめサイトを見ないことがある。
 
ニュースやゴシップを扱ったまとめは、なおさら見ないようにしている。
サイト名でなんとなく「これまとめだろうな」というのは感づくので、できるだけクリックはしない。
はてブもまとめばかりが多く出てくるので、少し辟易とはしているのだが……。
 

まとめた人の見えざる「意図」

まとめサイトにあるような記事を誰がまとめたかは知らない。
でも、そこにはまとめた人の何かしらの意図が確実にある。
 
例えば、流行っているように見せかけることで、商品のPRをしたいとか。
実際、マルチ商法の会社のまとめ記事を見たことがある。
一般人がまとめたみたいな体でやっているのが余計タチが悪い。
【話題の◯◯】って、一体どこでこの会社が話題になったのか。
 
例えば、煽るだけ煽ってアクセス数を増やすことで、気持ち良くなりたいとか。
この手のものは、【悲報】みたいに基本小馬鹿にしたキーワードをよく使う。
あと【速報】とか言ってすぐ知らなきゃとアクセスを誘導するような感じも。
大抵、知る必要のない話ばかりだけど……。
 
結果、アクセスさえ増えればいいって話になるから、デマが通ってしまう。
ターゲットにされた人は、不届き者の自己満足のために濡れ衣を着せられて、とんだ迷惑である。
 
個人的には、匿名掲示板のスレッドをまとめたサイトは特に嫌いである。
ニュースの概要がトップに来て、それに関して匿名で話している様子が延々と続くような内容。
強調したいレスは、文字を大きくして赤くしたり青くしたり
悪意のある匿名の発言を何らかの意図に沿ってまとめるのだから、悪意を凝縮させたものしか残らないではないか。
 

嫌だと思いつつ、結局見る私も痛い(ノ∀`) 

でも、私はそんなページを見たら最後、イライラしながら下までスクロールしてしまうことがある。
嫌だ嫌だって怒ってるうちは、少なくとも関心があるってこと。
見事なまでに餌に引っかかって、釣り針が刺さってしまったのだ……。
痛い、痛い(ノ∀`) 
SNSで拡散しないだけ、まだましだとは思っているけど。
 
まとめサイトの記事は、堂々と「これは正しい情報だから」みたいな顔をして自信満々に主張してくる。
だから、リテラシーを持ってなければまんまとミスリードされる。
 
ただ、悪意しかないと分かっていても読んでしまう、妙な中毒性があるのも事実。
結局、アクセス数に加担してるだけ、私も同罪なのだが……。
 
だから、「これは釣られるな」と感知したら、すぐ逃げるしかない。
もっと別のことを考えようと切り替えられたら、時間も心も無駄遣いせずにインターネットを使えるのじゃないかしら。