こじれるコンプレックス

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こじれるコンプレックス

ラジオを中心に好きなことを自由に書いているブログ

尾崎亜美「My Shiny Town」/KBS京都で30年以上流れる名曲

一時期、私はKBS京都をラジコプレミアムでよく聴いていた。 
KBS京都では早朝に流れている番組のCM中、必ずある曲が流れていた。
「♪この街はスクリーン 優しい風のよう……」
誰が歌っているのか分からないし、CMが作られたのもだいぶ古そうだなと印象を受けた。
(モノラルな音質がいかにも昭和らしくて……)
 
ただ、それでもその曲が放っている明るさとキャッチーさに、私は惹かれていた。
歌詞を検索してみると、尾崎亜美さんの「My Shiny Town」という曲であることが分かった。
 
尾崎亜美さんはシンガーソングライターで、代表曲は「マイ・ピュア・レディ」がよく知られている。
1981年にKBS京都は創立30周年を迎え、京都市出身の尾崎さんがそれを記念するキャンペーンソングを作成した。
それが、「My Shiny Town」という曲なのである。
 

30年以上経っても新しい、京都にマッチした曲

この曲の中には、「京都」という言葉や京都市内の地名、京都を象徴する建造物の名前は全く出てこない。
それでも、京都の街並みとこの曲の歌詞は確かにマッチしている。
歌詞とそれぞれの地域の街並み照らし合わせてみても、やっぱり京都の街が一番しっくり来るような気がする。
 
この曲が発表されたのは1981年だが、それから30年以上経っても色あせていない感じも、またすごい。
「1度聴いて終わり」とはならず、何度聴いても新鮮な感覚でいられる曲だと思う。
 

放送開始前でも、Prime Musicでもフルで聴ける 

2016年10月現在でも、「My Shiny Town」は月曜早朝の放送開始前にフルコーラス流れている。
一日の始まりにこの曲を聴くと、本当に気持ちが弾んできていい。 

 
Amazonプライム会員ならPrime Musicで無料で聴くこともできる。
実際、私も朝の出勤時にこの曲を選んで聴くことも多い。
My Shiny Town(シングル・カップリング)

My Shiny Town(シングル・カップリング)

 

 
繰り返し聴きたくなるようないい曲って、何年経っても本当に飽きない。