こじれるコンプレックス

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こじれるコンプレックス

ラジオを中心に好きなことを自由に書いているブログ

後から聴けない?radikoタイムフリーへの対応が微妙なラジオ局

radikoのタイムフリー聴取機能が10月11日に始まった。
放送から1週間以内の番組を、いつでも聴けるようになったのは画期的。 
radikoに参加しているラジオ局は、基本的にほとんどがサービス開始時点でタイムフリーに対応している。
一方で、一部のラジオ局に関しては対応が異なる。
 

MRTラジオ

サービス開始時点では、タイムフリーに一切対応していなかった。
16日放送分からようやくタイムフリー対応になり、当日放送された宇多田ヒカルさんの特番もシェアできるようになっている。
 
ただ、番組表上では松村邦洋さんの番組(19時~)と音楽番組(19時半~)を放送していることになっているのだが……。
担当者がうっかり変え損ねたのかもしれない。
聴く際は30分×2に分断されていることに注意して聴くように。
<追記>
修正されていました。
 

ラジオ福島

サービス開始時点では、MRTラジオ同様タイムフリー非対応。
宇多田ヒカルさんの特番が放送された10月16日時点でも開始されていない。
 
ホームページやTwitterでも、タイムフリーのことについては一切触れられていない(10月16日までの時点で)。
ラジコプレミアムの対応もサービス開始より4ヶ月遅れたので、今回も少し遅れるのかもしれない。
個人的には、お笑いコンビの母心さんが水曜日にやっている「かっとびワイド」を聴いてみたい。
<2017/1/19 追記>
2017年元日からタイムフリーに対応するようになりました。
 

放送大学

学生じゃなくてもためになる、大学・大学院の講義を放送している放送大学。
タイムフリーは全ての講義が対象とは限らない。
対応する講義の詳細については、公式にアナウンスされている。
 
教養学部の講義は112講義中60講義、大学院の講義は52講義中30講義が対応。
教職課程や特別講義については基本的に非対応の様子。
 
余談。
放送大学のお知らせで初めて知ったのだけど、タイムフリーの実証実験は2017年3月までを予定しているらしい。
恐らく、この半年間でサービスの利用状況の動向を見て、4月以降は本格運用していくことを想定していると思う。
タイムフリーのサービスをより使いやすくするために、色々気になることがあったら、ユーザーはしっかり声をあげていく必要がある。