こじれるコンプレックス

こじれるコンプレックス

ラジオを中心に好きなことを自由に書いているブログ

顔を出して言えない意見なら、言わない方がいい。

極端なものは注目を集めやすい。

何かをとにかく徹底的にこき下ろせば、

注目を集めるのは簡単だと思う。

 

支持層、アンチ層、日和見層、無関心層。

どの層からも注目を集めることができることが、

優越感をくすぐるのだろうか。

 

ただ、このブログを更新する上でわたしが決めた方針の一つで、

「特定層への悪口や非難は書かない」というものがある。

特定層というのは、人種とか宗教とか。個人も同様。

 

普段生活をしていれば、口が裂けても言わないようなこと。

それがネットだと言えてしまうのは、異常である。

また、その品性のかけらもない言葉は、

発信元が匿名で大した影響力がないとしても、

傷をつけるには十分過ぎる。

 

顔を出して言えないような意見なら、書かない。

いくら方針が変わっても、これはブレないようにする。

ネットでの言葉遣いが悪いと、普段の品性も

疑われかねない。

 

それでも言いたくなるなら、言うことによる

影響とか、反応を吟味した上で判断すればいい。

ただ、安全圏にいられる保障はないかもしれない、

ということは心に留めておく。

本気になれば発信元など、突き止められてしまうのだから。